Marin

ローン比較サイト

Case Study

ローン比較サイト サーチとFacebook広告の組み合わせでCPAを1/3に

  • リターゲティングキャンペーンでCPAを約1/3に低減
  • CVRは6.3倍に
  • オーディエンスターゲティングの改良
  • 時間節約

  • クロスチャンネル(テレビ、サーチ、そしてソーシャル)での課題

    ヨーロッパ最大のローン比較サイトの1つであるこの企業は、テレビでのブランディングキャンペーンからの大量のトラフィックを利用してCPAを低減させたいと考えていました。この考えは、より具体的にはセグメンテーションを改良し、高い価値あるオーディエンスにより効率的にリーチし、ソーシャルキャンペーンでテレビ広告のオーディエンスにリターゲティングするというものです。

  • 洗練され、効率的なリターゲティング戦略

    この企業は、Facebookですでに接触したことがあるオーディエンスセグメントを除外し、潜在的なプロスペクトにリターゲティングを行うために、マリンソフトウェアのスマートサーチ意図リターゲティング機能を活用しました。

    テレビ広告キャンペーンをローンチした時に、テレビ広告はブランドとの接触をより高めるものなので、サーチのトラフィックは大きくなると予想しました。結果として、ブランドキーワードと一般キーワードとでセグメントを作ることを決めました。これにより、それぞれのキーワードで検索したユーザにマッチするカスタムオーディエンスをFacebookで作成することが可能となりました。

    それぞれのオーディエンスの価値に従い、この企業は異なる入札戦略とCPAターゲットを決め、過去のキャンペーン結果から、セグメント毎の手動入札に対する最適入札価格および明確なCPAターゲットを決定しました。

    このローン比較サイトは、スマート除外機能を使い、すでにリードとなったユーザに対してリターゲティングを行うことを回避しました。それ故、消費者の広告疲れのリスクを減らし、無駄なインプレッションを出すことなく、高い価値のオーディエンスのみにリーチすることができました。

  • Marin Smart Tagで高い価値のオーディエンスセグメントを作成

    マリンソフトウェアのスマートサーチ意図リターゲティング機能がこのキャンペーンの成功における重要な役割を演じました。戦略に基き、キーワードにタグ付けし、Facebookでリアルタイムにカスタムオーディエンスを作成することができたのは、この機能のおかげです。またウェブサイトカスタムオーディエンスはサーチ広告経由でのサイト訪問者を元に、自動的にアップデートされるため、マニュアル作業なしにこの企業は高い価値のオーディエンス属性を理解し、セグメント化することが可能となりました。

    カスタムオーディエンスおよびウェブサイトカスタムオーディエンスにより、この企業はファネルの特定ステージですでにコンバージョンしているユーザを除外することができました。

    テレビでのブランディングキャンペーンからの大きなサーチトラフィックを利用し、ソーシャル広告でリターゲティングすることで、オーディエンスのセグメントを改良し、獲得コストを約3分の1に低減することができたのです。

  • 時間節約、一歩進んだオーディエンスターゲティング

    この企業の成功の鍵は、テレビCMからのサーチトラフィックを利用し、オーディエンスをセグメント化し、CPAを低減させたことです。

    まとめると以下のとおりとなります。

    • リアルタイムにウェブサイトカスタムオーディエンスを作成し、ターゲティングしたことによる時間節約
    • 高価値ユーザのセグメンテーション
    • 獲得キャンペーンでのオーディエンスセグメントに基づく、類似オーディエンスの作成
    • リターゲティングキャンペーンでCPAが約1/3
    • CVRは6.3倍以上向上