Marin

ショッピング

カタログ全体をダイナミックに宣伝する

現在の小売業では、商品の詳細や画像、価格など、検索との関連性が高いデジタル広告を配信し、エンゲージメントに結び付きやすい、豊富な検索体験を顧客に提供できるようになっています。しかしながら、数千種もの品目を扱っている場合、ショッピング広告キャンペーンを運用しながら商品フィードを管理し、プロモーションの計画から商品ターゲットの最適化、パフォーマンスのレポートまでをこなすのは、膨大な時間がかかる上、ミスも起きやすくなります。

Marinプラットフォームは、スケーラビリティと透明性を兼ね備えた各種のツールと、混沌としたプロセスを合理化して収益のあがる構造に作り替える自動化機能を小売業のマーケターに提供し、ショッピング広告の力を発揮します。

キャンペーンの効率的な作成と編集、商品フィードの管理、ショッピング広告のパフォーマンスに関して貴重な情報を提供するレポート、商品ターゲットの入札最適化 ― Marinプラットフォームは収益を最大化するために必要なショッピング向けソリューション一式を提供します。

特徴とベネフィット

  • 大規模なキャンペーンの運用

    通常、商品ターゲットを細かく設定すればするほど、該当する商品検索に対して適切な広告が配信される可能性が高まります。ところが、細分化を施すとショッピング広告キャンペーンの構造が複雑になり、運用も難しくなります。Marinプラットフォームではバルク処理による追加や編集が可能なため、キャンペーンオブジェクトの管理を簡素化できます。キャンペーンや広告グループ、プロモーション用の文言、例外キーワード、商品ターゲットのすばやい、容易な作成を可能にしつつ、ミスの発生を抑えます。マーケターは数回のクリックで簡単にショッピング広告をコピーして、複数の編集を加えた後、商品ターゲットの入札をセットで更新できます。また、特定広告グループ内のプロモーション用文言を検索および置換したり、複数キャンペーンの開始をスケジュール設定したりもできます。双方向に対応するMarinプラットフォームの自動同期機能を使えば、変更をパブリッシャーとMarinの両方で最新の状態を保つことができます。どこで変更を加えたかは気にする必要がありません。

  • 商品フィードを容易に整形、分析、最適化

    商品フィードを複数のプラットフォームで管理するのは、時間のかかる退屈な作業に感じるマーケターがほとんどでしょう。フィードの数が数万、数百万ともなればなおさらです。マーケターが多数のサポート対象プラットフォームにまたがって商品フィードを容易に、短時間で運用・最適化できるよう、マリンソフトウェアはフィード最適化サービスの最先端に立つProductsupと提携しています。マーケターは、プラットフォームごとにフォーマットを整えたり、変換したりといった処理に煩わされることなく、作業時間を大きく短縮しつつ、データベースから新しいフィードを手軽に作成できます。

  • 在庫に合わせてダイナミックに広告を運用

    在庫の変動に合わせて検索やショッピングのキャンペーンを運用するには、リアルタイムの可視性が必須なだけでなく、膨大な時間も必要となります。Dynamic Campaignsでは、商品の在庫を特定のキーワードや商品ターゲットとリンクさせられます。在庫切れや、独自に設定した在庫条件(限定品、出荷遅延、在庫僅少など)が満たされると、Marinプラットフォームはキャンペーンオブジェクトを自動停止し、コンバージョンに寄与しないクリックの発生による予算の無駄な消化を抑えます。商品の在庫が補充されたとき、在庫量が十分な水準に復帰したときは、履歴データと広告の品質を見ながら、停止していたキーワードと商品ターゲットを自動的に再有効化します。

    Marinプラットフォームは、お客様が独自に設定する仕様に基づいて、商品名、ブランド、価格など、商品に関する最新の詳細情報を使い、広告のクリエイティブを自動で構築し、更新します。ショッピング広告については、フィードの詳細に合わせてプロモーション用の文言を自動作成します。検索広告では文字列やトークンがさまざまな長さとなるため、Dynamic Campaignsではクリエイティブの文言をカスケード状にして高品質な広告を作成し、マーケターの承認を得て使用します。

  • URLのトラッキングと運用を自動実行

    MarinのURLビルダーは、既存のトラッキングシステムがベースとなっている商品ターゲットのURLに、パブリッシャーのダイナミックURLパラメーターを利用し、トラッキングパラメーターを自動的に付加します。これによって他のソリューションからMarinプラットフォームへの移行がシームレスになるだけでなく、URLトラッキングをパブリッシャーのマーチャントセンター経由で扱う必要もなくなります。さらに、マーケターはパフォーマンスを個別商品ターゲットレベルやショッピング広告レベルで細かくトラッキングできるようになります。また、不正なURLや重複するURLは自動修正を行い、ショッピング広告や商品ターゲットURLが常に効果を発揮し、エラーがない状態を維持します。

  • 予測入札による収益の最大化

    Marinプラットフォームは、商品ターゲット全体の入札に予測入札アルゴリズムによる自動計算を適用しますが、一方では季節変動や入札環境におけるその他の変動に合わせて、入札を調整できるコントロール性も備えています。マーケターは入札ゴールを細かく、それでいて柔軟に設定し、商品ラインアップや事業部門別に異なる業績目標に合わせて収益の最大化を追求できます。Marinプラットフォームでは、出費がかさむ学習期間を経ずとも、新規在庫の商品ターゲット用に最適な入札単価を毎日計算します。マーケターは新しい機会を逃すことなく、短期間で収益に結び付けられます。Marinの入札調整機能を使えば、商品ターゲットの入札を特定の額だけ上乗せしたり、手動で固定の入札額としたり、収益成果を細かくコントロールできます。

  • 多彩な情報を提供するレポートでパフォーマンスを最適化

    Marin Dimensionsでは、アカウントの構造の制約を受けることなく、キャンペーンや広告グループ、商品ターゲットにタグを設定し、詳細な細分化と分析を行えます。ウェブクエリレポートでショッピング広告のパフォーマンスデータを直接Excelに読み込み、多彩なスナップショット情報を盛り込んだ見やすいダッシュボードを作成できます。Marinプラットフォームのインタラクティブなチャート作成や高度なフィルタリング機能を駆使すれば、各種のトレンドをすばやくビジュアル化して異常値を見つけ、ただちにパフォーマンスを改善するアクションを起こせます。