Marin

最適化

競合優位性を確保するために機械学習や分析を活用

他の広告主と同じ戦術やツールを使っていては抜け出すことはできません。援軍としてMarinを 活用することで、機械学習を用い課題を解決し、見えていなかった機会を明らかにすることができます。ルーティンワークに自動化とインテリジェンスを加えることで、 それらから解放され複雑な問題解決に集中することができます。またデータに基づいた分析による判断でより良い結果へとつながります。

クロスチャンネル広告を最適化し、より多くのコンバージョン

  • 当て推量を廃し、自信をもって顧客獲得

    Marinの予算最適化機能が最もパフォーマンスが良い広告に広告費を割り当てるので、パフォーマンス目標を達成することができます。過去の年、月、日の傾向を元にした透明性の高いアルゴリズムです。予測クリックやコンバージョン、広告費ターゲットによる収益などがわかるwhat-if分析からの推奨値を適用しましょう。Marinの予測機能を使うことが収益成長を加速させるための道を見出すことにつながります。

  • チャンネルやデバイスを横断した分析

    チャンネルやデバイス、オンライン・オフラインを横断した完全な透明性を持つカスタマージャーニーレポートであるMarinのスマートパスで、よりスマートに決断しましょう。反対にパブリッシャー固有のツールは、そのパブリッシャーの持つデータに限定されてしまい、顧客のタッチポイント分析を制限します。その結果不完全な分析で決断することになってしまいます。

  • オーディエンス、地域、時間などに対して最適化

    利用可能なデータの拡散はマニュアルでキャンペーンを最適化することをかなり困難にします。特許取得済みのMarinのアルゴリズムは、自動的に広告パフォーマンスや地域情報、オーディエンスセグメント、時間といった様々なデータを計算に用います。それにより、クロスチャンネル広告から最適化された結果を継続的に達成することができます。

  • 天気やプロモーションといったトリガーに基づく入札ルールの作成

    他のどのプラットフォームよりもMarinのクロスチャンネルマーケティングプラットフォームは多くのソースから多くのデータを取り込むことが可能です。これにより、ファーストパーティデータはもちろんサードパーティのフィードを使い、入札ルールを作成し改良することができます。天気や株価変動といった要素を利用するために、Marinの入札最適化アルゴリズムに加えてルールを設定することが可能です。

MarinはGoogle Adwordsスマート自動入札に勝利

直接テストにより、MarinのクロスチャンネルマーケティングプラットフォームはGoogle Adwordsのスマート自動入札よりよいパフォーマンスを収めました。オープンな入札アルゴリズムとキャンペーン管理がよりよい結果をもたらした理由を御覧ください。