Marin

オーディエンス

完璧なオーディエンスのパワーを活用

ニーズに合ったカスタマイズされたメッセージングで顧客にリーチすることは推理ゲームのようですか?当て推量はもうやめましょう。Marinのプラットフォームにより、より多くのソースからより多くのデータを活用することができ、高い価値のオーディエンスを顧客にかえることができます。チャンネルを横断したオーディエンスを作り、ターゲティングするために自社内部データやサードパーティのデータを活用することでデジタルマーケティングの真のパワーを解き放ちましょう。

オーディエンスを顧客に

  • オーディエンスデータの価値をフル活用

    データはお持ちだと思います。しかしそのデータをそれぞれの顧客のマーケティングファネルのステージにあった広告で顧客に接触するために活用できているでしょうか?Marinを使えば、答えはイエスです。顧客のオンラインでの行動データやCRM履歴データ、そして広告への反応を組み合わせることで適切なタイミングで適切なメッセージでオーディエンスをターゲティングすることができます。

  • 顧客のLTVを向上

    より多くのアップセルやクロスセルの機会へのドアを開きましょう。Marinを活用することで購買履歴に基いて自動的にオーディエンスを定義することができます。そのオーディエンスと他の商品やオファリングを組み合わせることで、ロイヤリティを高めより高いLTVを築くことが可能となります。

  • チャンネルを横断してオーディエンスのシグナルを共有

    検索キーワードデータというのは価値が高いものです。Marinでその真価を発揮することができます。Marinに内蔵された機能により検索キーワードデータをソーシャルチャンネルを横断したオーディエンス作成に活用することができます。そしてメッセージングやパフォーマンスを改善することが可能です。さらに、検索キーワードデータに基づくオーディエンスはリターゲティングを強化し、プロスペクティングのための類似オーディエンス作成にも役立ちます。

  • オーディエンスによる広告ターゲティングの最適化

    自社のマーケティングチームが顧客との対話に集中できる力を与えます。つまりチャンネル特有の詳細については気にする必要がなくなります。Marinは、マーケティングファネル全体、つまり発見からコンバージョンまで、を顧客が移動するのを加速させます。

  • クロスチャンネルでのオーディエンスリターゲティングをシンプルに

    効率的にリターゲティングが行えていると自信がお有りでしょうか?一度Marinスマートタグでオーディエンスリストを定義すると、トラッキングピクセルを付与し、Google RLSAやYDNサイトリターゲティングのようにチャンネルを横断して、同時に共通のオーディエンスリストを作成することができます。オーディエンスセグメントに関連性の高い広告でリーチし、関係性強化やROI向上につなげることができます。

検索キーワードデータを活用しましょう

オーディエンスが待っています。適切な顧客に適切なメッセージを届けるためにMarinがどのようにお役に立てるかご覧いただけます。