Please enable JavaScript! Marin

ご記入をお願いいたします:

検索広告×ソーシャル広告のシナジー効果

ご記入をお願いいたします

検索広告×ソーシャル広告のシナジー効果

>検索とソーシャルはいずれもエンゲージメント度合いの高い、巨大な利用者層へのリーチを提供しますが、消費者のコンバージョンパスにおいては大きく異なる役割を果たします。

検索広告には購入意思の表れである検索行動を頼りに消費者を引きつける(プル)力があり、ソーシャル広告には高度に絞り込まれたターゲットオーディエンスに対してメッセージを配信する(プッシュ)力があります。

検索とソーシャルの両チャネルを連動させることによるメリットを明らかにするため、マリンソフトウェアはMarinプラットフォームでGoogle、Bing、Facebookのキャンペーンを展開する企業広告主200社余りを対象に調査を実施しました。弊社のサービスは世界的にも大規模で先進的な広告主の多数に利用されており、Marinプラットフォームで運用されている広告は総額60億ドル以上にのぼっています。

今回の調査では、検索とソーシャルの広告プログラムを一元的に運用している広告主と、個別に運用している広告主の実績を比較しました。その結果、両チャネルの広告を一元的に運用している広告主の方が、コンバージョンに結び付く可能性が高く、しかも多額の購入を行う消費者を効率的に獲得していることが分かりました。

本書では、データの分析に加え、検索とソーシャルの両キャンペーンを一元化して運用する場合に役立つポイントを5つの項目に分類し、合計15のヒントをまとめています。

レポート内容:

  • ソーシャル広告キャンペーンを完全に独立した形で運用すると、コンバージョンパスにおけるソーシャルチャネルの影響力のおよそ3分の2を無視することになる
  • 検索広告とソーシャル広告のキャンペーンを一元的に運用すると、独立して運用する場合に比べてクリック当たりの収益が26%高い
  • 検索とソーシャルの両チャネルを一元的に運用し、測定と最適化を行うための5つのポイント
  • 広告予算の運用、入札、ターゲティングにおける意思決定を改善し、パフォーマンスを向上させるための15のヒント