Marin

プレスリリース

マリンソフトウェア、世界初のGoogle RLSAサポートを発表

~ GoogleのAPIパートナーとして初めて検索広告用リマーケティングリスト(RLSA)をサポート、 広告主が消費者をターゲットするための新しいツールを提供 ~

最先端の統合型広告運用プラットフォームで広告主および広告代理店の収益最大化に貢献するマリンソフトウェア株式会社(所在地:東京都千代田区、マネージングディレクター:ジェイ レヴェルズ、以下 マリンソフトウェア)は本日、同社プラットフォームにおいて、Google AdWordsの「検索広告用リマーケティングリスト(RLSA)」をサポートすることを発表しました。GoogleのAPIパートナーとして、AdWordsの強力なRLSA機能をサポートするのはマリンソフトウェアが世界初です。

Marinプラットフォーム内からRLSAを利用すると、ウェブサイトを訪問する消費者の行動とファーストパーティのオーディエンスデータをGoogleの検索広告と連動させられるようになるため、ターゲティングが改善され投資効果の向上を期待できます。RLSAのサポートは、サードパーティーアプリケーションとの連携において、APIを介さず直接接続を可能にする「Marin Connect」の主要機能の一部である「Audience Connect」が基盤となっています。Audience Connectは高い顧客生涯価値を有するオーディエンスをタイプ別に分類し、検索、ソーシャル、ディスプレイにまたがるターゲティングを可能とする機能で、最新の時流であるクロスチャネル最適化を支援します。

リリース概要:

  • 企業ウェブサイトの閲覧者の中で、実際コンバージョン(商品の購入、フォームの入力、企業への問い合わせなど)までに至る割合は非常に少ないのが現状です。そこで、顧客生涯価値の高い見込み客へはウェブサイトへの訪問後にリターゲティングを行い、エンゲージメントを促す必要があります。ウェブサイトの訪問者に対するリターゲティング手法として導入されたのがGoogleのRLSAです。RLSAは、検索実行時に関連性の高い広告配信を可能にします。この新しいリターゲティング手法をサポートするGoogleのAPIパートナーは、マリンソフトウェアが世界初です。
  • RLSAは、過去に消費者がウェブサイト上でとったエンゲージメント行動に基き、キーワードの入札や広告クリエイティブを調整します。これにより、検索広告キャンペーンに対する投資効果の向上が期待できます。
  • RLSAのサポートはMarinプラットフォームの「Audience」タブを介して提供されます。GoogleのリマーケティングリストをMarinプラットフォームにインポートするだけの簡単な手順で、広告主はRLSAの利点を最大限活用できます。インポートしたリターゲティングリストは、グループへの追加後、キーワード単位の入札単価最適化やクリエイティブのカスタマイズに展開可能です。
  • マリンソフトウェアのAudience Connectを介して自社のCRMシステムからファーストパーティデータを取り込み、サードパーティのオーディエンスデータと組み合わせれば、より正確でターゲットの絞り込まれたRLSAキャンペーンを構築できるようになります。
  • マリンソフトウェア独自のターゲティングおよび入札単価調整機能を通じて、RLSAのトラッキングと最適化をさらに便利に活用できます。

関係者コメント:

  • マリンソフトウェアのCMO、Matt Ackleyは次のように述べています。「最も効果的なクロスチャネルマーケティング機能を搭載したプラットフォームを広告主様にご提供するのが弊社の目標です。Google AdWordsのRLSAをサポートすることで、お客様がオーディエンスターゲティングを行う際の選択肢をさらに広げることができました。クリエイティブと入札戦略の最適化にオーディエンスデータを駆使する手法は、今後のデジタル広告で重要な役割を担うはずです。この度、この強力な機能をお客様に提供できるようになり、大変うれしく思っています。」

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、マリンソフトウェアがGoogle AdWordsのRLSAをサポートすることによる広告主への影響と、Google AdWordsのRLSAの効果および影響を含む事項についての「将来見通しに関する記述」を含みます。これらの将来見通しに関する記述は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)のセーフハーバー規定に該当する情報です。実際には、これらの将来見通しに関する記述とは大きく異なる結果が生じる可能性があります。将来の見通しに影響を与えうるリスク要因には、次のような事柄が含まれます。

マリンソフトウェアによるGoogle AdWordsのRLSAサポートに関連する技術的な誤りまたは問題、あるいはGoogle AdWordsのRLSA自体に関連する技術的な問題、景気または市場状態全般の悪化、オンライン広告費およびモバイル広告費の成長の遅れ、鈍化または減速、デジタル広告業界全般、技術の変化における不測の進展、競合の状態、デジタル広告市場は新興市場であり、急速に変化を続けている市場であること、またこれらの将来予測に関する記述は現在の見込みに基づくものであり、不確実性および各種の条件、重要性、価値、効果の変化による影響を受ける恐れがあるほか、弊社が米国証券取引委員会(SEC)に届け出ているフォーム10-Qの最新レポートや随時届け出ることがあるフォーム8-Kの現行レポートを含む文書に記載の各種リスクによる影響を受ける恐れがあります。

弊社は本リリースの発表日以降にこれらの将来予測に関する記述を更新する意図はなく、その義務を負うものではありません。