Marin

プレスリリース

マリンソフトウェア、PositionLock™をローンチ

常に自動的に入札価格の調整を行うことが可能な比類なき新しい機能を提供致します

2015年10月29日

マリンソフトウェア株式会社

クロスチャンネルパフォーマンスアド・クラウド・プロバイダであるマリンソフトウェア株式会社(本社:米国サンフランシスコ、NYSE: MRIN、以下 マリンソフトウェア)は、本日PositionLock™の提供を開始いたしました。PositionLockとは、一日を通してデバイスの最適な掲載順位を維持することで、サーチ広告のビューアビリティやトラフィック、コンバージョンを最大化するために日中入札最適化ソリューションです。

PositionLockは、インテリジェントに最適な入札価格を設定し、入札をブーストし、希望する掲載順位ゴールを達成するために時間毎の広告掲載順位データを利用する特許出願中の新しいアルゴリズムに基いています。この機能の提供により、Marinは1日の流れの中でデバイス毎に希望掲載順位を自動的に最適化することが可能な唯一のデジタル広告プラットフォームとなります。

消費者をターゲティングする際には、消費者の動向は常に移り変わります。消費者行動や競合の傾向が一日を通して変動し続けるなかで、適切なタイミングで適切な対象に適切なメッセージを届けることは難しくなっています。この傾向は特にこれからホリデーシーズンを迎えるリテール事業者様とっては特に重要です。PositionLock機能を使うと、例えば主にモバイルから売上が多いリテール事業者様が、主力商品をモバイルでの検索結果では1-2位の掲載順位、デスクトップでの検索結果では3-5位の検索順位というようなことが可能となります。

マリンソフトウェアのDirector of Product MarketingであるDaniel Morrisは次のように述べています。 「ホリデーシーズンに間に合うようにPositionLock機能を提供致します。リテール事業者様にとって、Black FridayやCyber Mondayといったホリデーシーズン全体の成否を占う日までもう少しです。従来は主力商品のキーワードを一日何度もモニタリングし、入札価格を変更してきたかと思います。それが今はPositionLockによって、1時間ごとにベストな掲載順位をキープすることができます。」

PositionLockの機能は以下の通りです

  1. 日中入札:他のプラットフォームとは異なり、PositionLockは1時間毎にレポートデータを取得し、入札を最適化します
  2. 掲載順位:掲載順位の希望範囲を指定可能です
  3. デバイスごとの掲載順位指定:モバイル、デスクトップそれぞれで順位指定が可能です