Marin

ヴァージン・アトランティック Marinプラットフォームによりクリック当たりの収益を100%向上

  • CVRを79%向上
  • CPAを38%低減
  • レベニューを30%向上
  • クリック当たりのレベニューを100%向上

  • PHD UKおよびヴァージン・アトランティックについて

    ヴァージン・アトランティックは、世界で最もエキサイティングなビジネス拠点やレジャー地域へ就航しているUKの航空会社の1つです。PHD Mediaはオムニコムグループに属し、コミュニケーション・プランニングやメディアバイイングを行うエージェンシーであり、ヴァージン・・アトランティックの検索連動広告を含むメディア・プランニング及びバイイングを行っています。

  • 全ての道はローマに通じるわけではない

    ヴァージン・・アトランティックは競合航空会社だけでなく、同じフライトのチケットを販売するリセラーとも激しい競争を繰り広げています。結果として、常にマーケットをウォッチし、競合他社が行っているプロモーションにすぐに対抗する必要があります。つまり可能なかぎり競争力のあるメッセージングおよびアプローチをとるために、非常に短時間で対抗策をとる必要に迫られています。

    PHD MediaはROIターゲットに合わせて動いていますが、ヴァージン・アトランティックの各就航先を横断してかなり異なるユーザの動きが見られます。それはつまり各就航先毎に特別なアプローチを行う必要があるということです。さらに、ヴァージン・アトランティックはUK内の3つの異なる空港に就航しているため、それぞれ行き先のシーズナリティーを考慮にいれる必要があります。(例えば、ニューヨーク便のピークとナイジェリア便のピーク) さらにそれぞれの地域で生活者がどのように航空券予約を行う傾向にあるのかということも検討する必要があります。

    毎月、PHDはヴァージン・アトランティックにとってのKPIであるROIゴールに合わせて動いています。それに加えて、毎月のレベニューおよびコンバージョンも考慮に入れています。月ベースではなく、年ベースで全ての目標を横断してよりよい結果を達成することによって、ヴァージン・アトランティックでの成功が測られています。

    複数のKPI変数やレベニューターゲットを考慮にいれる必要があるため、ヴァージン・アトランティックアカウントでは最適化に対する新しいアプローチが必要となっていました。
    様々なアカウントを横断したMarinの利用による成功をベースに、PHDは自動入札、クロスアカウント管理、最適化の簡便化、レポートと言ったMarinの提供する機能により、成功できると自信を持っていました。

    ヴァージン・・アトランティックアカウントでは、Marinで次のような様々な機能を同時に活用しました。入札戦略を最適化するために行き先の傾向に合わせたダイナミック・アクション、レベニューおよびコンバージョンデータのインテグレーション、カスタマイズされた自動レポートおよびアラート、URLビルダー(広告文およびキーワードが追加される度に、トラッキングに必要な全ての情報を含んだURLが自動生成される)そして、特定のディメンションのための広告上の入札価格やクリエイティブを更新するためのMarin DIC ID アクション(例えばプロモーションの間、複数の行き先のチケット価格を変更する必要がある場合は、DC IDアップロードシートを使うことで1ステップで変更することができる)
    これら全ての要素により、過去データを利用し、ビジネスゴールにあった戦略を立て、KPIに対してアカウントを最適化するだけでなく、時間を節約し、マニュアル作業および潜在的な人的ミスを減らすことで、効率的にキャンペーン管理を行うことが可能となりました。

“結果を見た際に驚くべき違いが分かりました。「コントロール」(Marinの機能を活用していない)グループに比べて「テスト」(Marinの機能を活用している)グループのコンバージョンレートは79%高く、CPAは38%低く、そしてトータルレベニューは30%高く、さらにクリック当たりのレベニューは100%高くなっていました。全体として93%のパフォーマンス向上を占めていました。
行き先別に入札価格を修正するために、全てのキャンペーンを横断して入札戦略でダイナミック・アクションを現在は使っています。”

– Laura Stephen / Senior Manager Consumer Communications, Virgin Atlantic

  • 行き先ごとのダイナミック・アクション

    Marinのアカウントチームのサポートで、PHDはコンバージョンパフォーマンスをモニタリングするためにディメンションを使うことができるとわかりました。また最もパフォーマンスのいい行き先に対して入札額を上げるための入札修正を計算するために、データを利用することができます。これらの入札修正は、入札フォルダによって計算される入札額の上に、さらなる最適化レイヤーとして動くものです。

    自動入札により、PHDは「ダイナミック・アクション」を使ってヴァージン・アトランティックの就航先毎に細分化した入札最適化をテストすることができました。これにより、週次でマニュアルでそれぞれの行き先毎のパフォーマンスをモニタリングする必要がなくなりました。
    キャンペーンの挙動がにた行き先を2つのグループ、1つはテストグループ、もう1つはコントロールグループに分けました。

    そして、PHDは行き先ごとのブーストをテストするためにダイナミック・アクションを利用しました。
    通常のアカウント管理およびMarinの入札アルゴリズムにより、予約レベニューを着実に増やしながら、ブランドとしての掲載順位を保つことが可能となりました。

    レポーティングをわかりやすくするために、行き先のディメンションでそれぞれのグループにラベル付けし、コンバージョンレートに応じて、パフォーマンスが高い行き先には入札額を上げ、コンバージョンレートが低い行き先には入札額を下げるということを行いました。
    広告費をよりパフォーマンスの高い行き先に再配置しました。

    入札額調整は、ダイナミック・アクションのレベニューに対する影響度を測るため、テストグループに適用されました。これに加えて、掲載順位指定入札を行うことで、PHDはヴァージン・アトランティックの競合他社およびリセラーに入札で勝ち、関連キーワードで一番の掲載順位を保つことが可能となりました。

“行き先別入札機能により、毎週の時間を節約することができ、それぞれの行き先のパフォーマンスがどうなっているかを細かくみる必要がなくなりました。テストキャンペーンを横断したMarinの入札技術を利用したおかげで、より効率化され、レベニューを向上させることができました。”

– Christina Smaragdi / PPC Account Director, PHD

  • ヴァージン・アトランティックのサーチキャンペーンはMarin Softwareとともに大成功

    広告費はあまり変わらない一方で、メディアを横断してより高いROIで広告費を使うことが可能となりました。Marin Softwareを使うことで、エージェンシーはキャンペーンを最適化し、より高いレベニュー成長を達成することができるため、これにより、クライアントのメディア費用を増加させる機会ができるかもしれません。Marin Softwareはまたヴァージン・アトランティックの日々の作業の不可を合理化し、アカウントの全体的な効率を改善し、ROIターゲットにミートしながら、アカウントを成長させる機会を提供しています。

  • Specific results include:

    • CVRを79%向上
    • CPAを38%低減
    • レベニューを30%向上
    • クリック当たりのレベニューを100%向上