Marin

ヴァージン・アトランティック Marin Search活用で収益を劇的向上

  • 1予約あたり14% 収益向上
  • コンバージョンレート30% 向上
  • テスト期間中、収益全体で20%向上

  • MG OMD, PHD UKおよびヴァージン・アトランティックについて

    ヴァージン・アトランティックは、世界で最もエキサイティングなビジネス拠点やレジャー地域へ就航しているUKの航空会社の1つです。Manning Gottlieb OMD (MG OMD)は、オムニコムグループの一員であり、コミュニケーション・プランニングおよびメディアバイイングを行っています。また以前は検索連動広告を含むヴァージン・アトランティックのメディア・プランニングおよびバイイングアカウントを管理していました。2015年12月に、そのアカウント管理は同じオムニコムグループのPHDメディアに移管されました。PHDメディアが2015年12月以来現在まで検索連動広告の戦略を進めています。

  • 課題

    航空業界において、売上をもたらす最大の要因の1つは、短期間の変動や1年を通したものもある季節変動です。マニュアルで、その期間を見つけ出し、入札価格の調整を行うのは非常に手間がかかることでした。そして入札ツールのアルゴリズムなしで 入札調整を決定する機能を作ることは、非常に難しいことでした。

    それ故MG OMDおよび PHDは、ヴァージン・アトランティックのサーチ・キャンペーンをより効率的、直感的にするために、航空業界の季節ごとのトレンドを分析する方法を必要としていました。 トレンドを分析し、効率的に活用することは、非常に難しかったのです。

    サーチ広告の状況が進化し続けているように、サーチ・キャンペーンは移り変わるトレンドについていくために、関連性の高いデータに常にアクセスし、適応する必要がありました。

“結果が全てを物語っています。サーチキャンペーンに対するあんなダイナミックなアプローチをみることができて興奮しています。ベータテストの間の収益に対する劇的な改善により、すべてのアカウントを通して、この戦略を実行することに対しての自信がつきました。”

-Amy Neale / UK Advertising and Communications, Virgin Atlantic

  • 解決策

    サーチ広告費を最適化するための効率的なモデルを実装するために、MG OMDはMarin Searchを採用しました。Marin Searchは特にパラメータを使うことで、ペースの早いアカウントをより効率的かつ簡単に管理することができます。Marin Searchの入札機能により、ヴァージン・アトランティックおよびMG OMDは、複雑な入札ルールを実装することが可能となりました。そして、サーチ広告における季節変動に対する手動最適化を上回ることができたのです。

    ヴァージン・アトランティックは、Marin Searchを活用して、対象アカウントの膨大な過去データを元に行われる必要がある入札調整のタイミングを見つけるため季節変動ベータテストを行いました。Marinのアルゴリズムは、いつ入札調整を行うかだけでなく、どの程度行うかも明らかにすることが可能です。Marin Searchを使うことで、ヴァージン・アトランティックは効率的かつ時間節約に繋がる方法でのアルゴリズム学習に基いて、トレンドを明らかにし、強固な入札戦略を実装する最先端の技術を手に入れたのです。

    PHDは、現在ヴァージン・アトランティックのサーチ戦略を担っています。季節変動のための最適化を行い、さらに時間や場所の関連性に基いて入札調整を行うことで季節変動および場所の最適化まで拡大しています。そしてそれはオムニコムグループ全体で共有されたベストプラクティスとなっています。

  • 結果

    季節変動ベータテストによると、ヴァージン・アトランティックは顕著なパフォーマンス向上を見せています。この入札戦略およびMarin Searchの活用を始めて以来、予約当たりの収益向上だけでなく、コンバージョンレートも向上しています。

    全体として、予約当たりの収益は14%向上し、予約コンバージョンレートは30%向上しています。さらにテスト期間における収益は20%向上しています。

    Marinは強固で健全な入札戦略を作ることができました。その戦略により、インハウスのアナリストやツールがヴァージン・アトランティックのサーチ広告アカウントのパフォーマンスを改善することが可能となりました。このテストの成功により、この戦略はアカウント全体に適用されています。