Marin

大手自動車メーカー

Case Study

大手自動車メーカー Facebookでのサーチキーワードデータを使ったオーディエンスターゲティングでリード獲得を最大化

  • Googleで関連したキーワードで検索したデータを元にFacebookのオーディエンスネットワークにおいて、オーディエンスをSUV, SPV, SVの3つの車種に興味があるグループに分割。
  • パフォーマンス測定の精度向上のため、既存顧客は除外し、サーチキーワードデータを元にプロスペクティング用類似オーディエンスを作成
  • Marin Socialのマス・エデェイターを活用することで、サーチキーワードにもとづくオーディエンスを広告セット及びクリエイティブに簡単にマッピング
  • 大手自動車メーカーについて

    世界有数の自動車メーカーは広告代理店のMaxus UKとの協力のもと、Marin SearchおよびMarin Socialでのサーチキーワードデータを活用したオーディエンスターゲティングでGoogleとFacebookを横断したクロスチャンネル・リード獲得キャンペーンを行いました。主たる目的は、既存の顧客ベースやプロスペクトからのカタログのリクエスト、試乗、見積もり依頼を通したリードの獲得でした。

  • 「マーケットに存在する」オーディエンスを見つける

    世界有数の自動車メーカーは、サーチ広告キャンペーンと同じレベルで、効率的にソーシャル広告でリード獲得できる方法をさがしていました。 世界有数の自動車メーカーはソーシャル広告を主にブランドアウェアネス用途と考えていましたが、高い購買意思のオーディエンスに対するダイレクトレスポンスキャンペーンもソーシャル広告で試してみたいと思っていました。

  • サーチキーワードデータを活用したクロスチャンネル・リード獲得キャンペーン

    コンバージョンを増加させ、リード獲得単価を低減するために、世界有数の自動車メーカーはMarinのサーチキーワードデータを活用したオーディエンス作成機能を利用しました。購入意思が強いオーディエンスを獲得するために、関連性の高いサーチキーワードデータを元にしたセグメントを作り、そこに対してソーシャルでダイナミック・リターゲティングを行うという戦略をとりました。

  • 結果

    クロスチャンネルでの次のような素晴らしい結果を受け、Maxusは世界有数の自動車メーカーの他の車種や他のブランドにもサーチキーワードデータを使ったキャンペーンを実行しようと計画しています。

    • 通常のターゲティングに比べ、サーチキーワードデータを使ったオーディエンスターゲティングではリード獲得単価が30.5%低減
    • Marin Search及びSocialを利用した3ヶ月間でリード獲得単価を77.3%低減
    • CPAゴールを守りながら、月間コンバージョン数は132%増加