Marin

大手テクノロジー企業

Case Study

大手テクノロジー企業、Twitterプロモビデオで大きなエンゲージメントにつなげる

  • 1300万インプレッション
  • 25万以上のエンゲージメント
  • 12万5千以上のクリック
  • 通常キャンペーンに比べてエンゲージメントは10%向上
  • 28%のCTR
  • 大手テクノロジー企業

    Marin Softwareは、最近大手テクノロジー企業とソーシャル広告についてのパートナーとなりました。 この企業はB2B、B2Cビジネスともに、商品の広告として、従来よりブランドアウェアネス向上のための施策とダイレクトレスポンスを組み合わせて運用していました。

  • 新製品のローンチ

    新しいデバイスのローンチプランの一環として、商品の紹介、ブランドアウェアネスの向上、そして売上の向上のためのマーケティングキャンペーンを展開したいと思っておりました。そして、ソーシャルメディアでの大きなバズとそれに伴うウェブサイトへの流入を目的としていましたが、そのようなキャンペーンを運用するためのリソースが社内にはなかったのです。

  • エンゲージメントと売上向上のためのソリューション

    はじめに、この企業はマーケティングパートナーに関する2つの大きな決断をしました。商品のローンチキャンペーンを運用する社内リソースがないため、Marin Socialのマネージド・サービスを採用しました。このサービスは、ソーシャル広告キャンペーンのクリエイティブの作成から、開始、管理、最適化までソーシャル広告のエキスパートチームが行うというものです。また2つ目としてTwitterで広告展開を行うという決断を行いました。 商品の想起力が強いTwitterのプロモビデオ広告を利用し、商品を紹介するインパクトあるクリエイティブを有効活用しました。

    Marin Socialのバルク作成・編集機能により、キャンペーンはすぐによい方向に進み始めました。パフォーマンスが高いオーディエンスクラスターを再利用のために保存しておけることでワークフローを効率化し、興味関心やキーワード、ユーザ名、そしてテーラードオーディエンスを使って企業のターゲットとなる購買可能性が高いオーディエンスに向けて、ターゲティングを行いました。さらに、Twitterだけではなく、Twitterオーディエンスプラットフォームを利用してモバイルアプリにも展開し、さらに大きな効果を上げることが可能となりました。 全ての行程で、Marin Socialチームが広告最適化を行い、ダイナミックパフォーマンスレポートを提供したことで、この企業はキャンペーン結果を把握することが可能となりました。

  • 結果

    Marin Socialとパートナリングしたことで、このテクノロジー企業は、パートナリングしなければ不可能であった広範で高い価値のTwitterキャンペーンを展開することが可能となりました。このキャンペーンは記録破りのエンゲージメントを産み、商品のローンチを成功へと導きました。

    キャンペーンの結果は次の通り

    • 1300万インプレッション
    • 25万以上のエンゲージメント
    • 12万5千以上のクリック
    • 通常キャンペーンに比べてエンゲージメントは10%向上
    • 28%のCTR