Marin

  • はじめに

    名立たるフィットネス企業は、より健康的で充実した人生をユーザーがおくるために、人気のホームワークワークアウトプログラムを提供しています。

    自分の体や生活を変えたいと望む新しいユーザーを見つけるための施策には終わりがないため、セールスやマーケティングには膨大な投資を行っています。Adwordsでのサーチ広告は、サービスを使ったことがない新規のユーザーを見つけるための豊富な供給源であり続けています。

    この企業は、自社のデジタルマーケティングポートフォリオを管理するために、サーチマーケティング専門の広告代理店とパートナーシップを組み、プラットフォームとしてMarin Searchを利用して、広告ポートフォリオの管理や測定、最適化を行っています。

  • 課題

    2017年にGoogleは「AIファースト」企業としてリブランディングしました。驚くことではないですが、自動運転からアルファ碁に至る様々なアプリケーションのために有名な機械学習アルゴリズムを生み出しました。

    またGoogleはその機械学習アルゴリズムをAdwordsの最適化機能「スマート自動入札」にも適用しました。スマート自動入札拡張のニュースがあった際に、多くのサーチマーケッターが抱いた疑問として、「パフォーマンスはどうなのか?」というものがありました。

    この広告代理店も例外ではありません。スマート自動入札をテストしてみたいと考え、Googleのスマート自動入札とMarin Searchの自動入札機能のパフォーマンスベンチマークテストを行いました。

”疑問の余地なく、Marinの勝利でした。結果に満足し、Marin Searchを最適化のために使い続けることにしました。”

– 広告代理店

  • テスト

    Googleのスマート自動入札とMarin Searchの自動入札機能の真っ向勝負のテストをGoogle Experimentを用いて行いました。1ヶ月間テストをし、統計的に十分なデータ・セットを取得しました。

  • 結果

    Marin Searchの自動入札機能はGoogleのスマート自動入札よりも50%よいパフォーマンスでした。テストの最終的な分析として、Googleのスマート自動入札を適用したキャンペーンの平均CPAは145.55ドルであったのに対して、Marinの自動入札を使ったキャンペーンでは平均CPAは96.84ドルでした。.