Marin

Brandos

Case Study

北欧の有名オンラインリテールサイト、マリンソフトウェアで20%CPAを低減

  • CPA20%低減
  • 分析からアクションにつなげるインターフェイスで最適化に20%多く時間を割くことが可能に
  • 入札管理にかかる時間を30%削減

  • Brandosについて

    Brandosは500以上のブランドの靴、ジーンズ、バッグなどを取り扱うオンラインショッピングサイトです。 顧客満足度向上のため、送料を無料にし、返品も無料としています。 デジタルマーケティング施策の一環として、Brandosは競争激しいオンラインリテールマーケットの中で、新規ユーザの獲得および収益向上のためサーチ広告及びショッピングキャンペーンを活用しています。

  • CPAの高騰と新しい競合

    競争が激しいマーケットであるため、細分化消費者のアテンションを獲得することが難しくなっていました。月ごとにCPAが上昇したので、予算を上げることなしにサイトへのユーザ誘導目標数を達成することは難しいことがわかりました。

    またBrandosは、同じキーワードやクリックを狙う新しい他社との競合にも晒されていました。ロングテールキーワードは競合が少ないですが、過去のパフォーマンスデータに欠けます。残念ながら、ロングテールに対する入札価格をマニュアルで計算することはとても時間がか借り、入札価格変更に対する反応も遅く、無駄な出費に終わる事になってしまっていました。これらの課題により、より迅速でよりインテリジェントな入札管理の必要性が浮き彫りになりました。

“サーチ広告はBrandosにとって、つねに非常に重要なチャンネルです。そして競合が激しくなったことで、よりよいソリューションが必要であることが明白となりました。マリンソフトウェアにより、より低いコストでより多くのトラフィックを誘導し、PLAのような新しい広告フォーマットを活用することで、競合他社から抜き出ることができたのです。予算を変えずに、より多くの消費者にリーチ出来たことに興奮しています。”

-Julien Mulot / Head of Search /Brandos

  • よりよい判断のための自動化

    Marin Searchの統合されたインターフェイスにより、Brandosはアカウントのどの階層からでもキーワードレベルまでアクセスすることが可能となりました。アドバンスドフィルタリングおよびトレンド解析機能で、商品ラインを横断してトレンドを見出し、季節変動によるパフォーマンスの変動に対して迅速に対応することができるようになりました。Marin Searchのディメンション機能で、アカウント構造に縛られることなく、どんなキャンペーンの要素でもビジネスの目的に合わせてタグ付けすることが可能となりました。 キーワードやクリエイティブはセグメントされ、ブランドや地域を横断してまとめられました。それにより、類似のキーワードや鍵となる地域を横断して、どのようにパフォーマンスが変化するかということに対する分析を行うことができるようになったのです。

    Marin Searchの特許取得ずみの入札ソリューションで、BrandosはCPAゴールに基き、最適な入札価格を自動的に計算することができるようになりました。そのアルゴリズムにより、検索ボリュームの少ないキーワードを横断してデータを集積し、それにより、コストがかかるいわゆる「ラーニング期間」なしにロングテールキーワードに対して最適な入札を行うことが可能となりました。 商品リスティング広告(PLA)に対するMarin Searchのサポート機能が完璧だったため、最適化戦略にショッピング広告を統合することができ、収益性の高いCPAでより多くのトラフィックを誘導することができました。

  • CPAを20%低減、30%時間節約

    マリンソフトウェアの活用により、Brandosはキャンペーン管理ワークフローを効率化することができ、サーチ広告キャンペーンを効率的にスケールさせることが可能となりました。マニュアル入札からアルゴリズムによる入札価格計算にスイッチすることで、CPAを20%低減しながら、コンバージョンを増加させることができました。PLAキャンペーンの最適化の成功で、PLAフォーマット広告に対する予算を増加させるということにつながりました。さらに、Marin Searchの分析からアクションへつなげるインターフェイスにより、Brandosのマーケティングチームのキャンペーン管理にかかる時間を30%削減し、よりプライオリティの高い、戦略的な業務に集中することができるようになりました。