Marin

4AllPromos

Case Study

4AllPromos Marin Search活用によりGoogle ショッピングキャンペーンで成功

  • SKUレベルでのレベニューデータの明確化
  • インプレッションシェアの増加
  • CTR30%向上
  • 商品名を横断したA/Bテストの成功
  • 4AllPromosについて

    4AllPromosはトートバッグや衣類など様々なものをプロモーション用品として提供しているオンラインプロバイダーです。

  • 時間のかかる戦略

    4AllPromosはGoogle PLAやショッピングキャンペーンを何年も活用してきました。この間、様々なサードベンダーと協業しましたが、 現状以上にプロモーション商品でのより多くの顧客を引きつけるというマーケティングプログラムのゴールを実現するためには新しい戦略をとる必要があるということがわかりました。

  • 解決策 - 商品、キャンペーン構造、データにフォーカス -

    Marin Softwareが4AllPromosのショッピングキャンペーンを次の3つのポイントでレビューしました。商品フィードのクオリティ、キャンペーン構造、将来のセグメンテーション用のSKUレベルのデータ。この結果、いくつかの素晴らしい成果へとつながりました。

“Marinを使ったSKUレベルでのレポートは、我々のショッピングキャンペーン最適化施策のコアとすぐになりました。またレポートにより、初めて商品レベルでのコールコンバージョントラッキングを行うことができました。最もパフォーマンスのいいSKUに絞った新しいキャンペーンは、これまでのキャンペーンの中で最も高いROASとなりました。SKUレベルレポートでの解析がなければ、このキャンペーンを作成し最適化することは、不可能でした。”

- Scott / Director of Paid Ads

  • ショッピングキャンペーン構造の再構築

    Marinのコンサルタントは、4AllPromosの商品フィードの効率を最大化するために、キャンペーンや商品グループの強固なシステムの構築を提案しました。その提案には、複数キャンペーンを横断したプライオリティ設定の活用、カテゴリーおよびSKUレベルでのパフォーマンスによる新しい商品グループのセグメント化、カスタムレベルの活用、キャッチ・オールキャンペーンの設定が含まれています。 つまりMarinの提案により、4AllPromosは1つのキャンペーンを、よい結果を得るために最適化可能な複数のキャンペーンに分割したのです。

  • SKUレベルレベニューおよびセグメンテーション

    MarinのSKUレベルのレベニュートラッキングにより、4AllPromosのキャンペーンで、関連性のないキーワードによって表示され、しかもかなりの広告費を費やしてしまっている商品を浮かび上がらせました。 Marin Searchを使う前には、この分析はパブリッシャーのレポート機能の制限により不可能でした。しかし、Marin SearchはSKUレベルのコールコンバージョントラッキングを提供しているので、このような商品を見つけ出し、無駄な広告費をやめることが迅速かつ効率的に行えました。 またSKUレベルでのレベニューデータにより、4AllPromosは最もパフォーマンスのいい商品がわかり、SKUのパフォーマンスに基いて新しい商品グループおよび入札のために、シームレスにセグメントを作ることができました。

    SKUレベルレポートによるパフォーマンスおよびコンバージョンデータにより、従来はチームで取り組んでいたタスクを1人で行えるようになりました。キャンペーン構造を変更することが簡単ということは、よりじゅうような戦略の決定に費やせる時間が増加するということです。その結果、パフォーマンスを向上させる戦略に集中できるということなのです。

  • 商品フィードテスト

    4AllPromosはSmartFeedを使い、商品フィードを最適化し、商品タイトルがどのようにパフォーマンスに影響を与えるかという分析を行いました。1つの商品グループで異なるタイトルを使うというA/Bテストから有益な結果を得ることができました。 Smartfeedにより、テストでのタイトルによりCTRが約40-50%高いタイトルを見つけることに成功しました。これらの結果は4AllPromosの残りの商品グループにも適用できることでした。

  • Results

    • SKUレベルでのレベニューデータの明確化
    • インプレッションシェアの増加
    • CTR30%向上
    • 商品名を横断したA/Bテストの成功